ハロゲンヒーターの電源スイッチを修理しました

家電修理

kaden_stove

ある日母親が暖房機のスイッチが入らなくなったのでちょっと見て欲しいと言ってきました。

800Wのハロゲンヒーターです。

見てみると、

普通なら1回押す度に押し込まれたり戻ったりする電源ボタンが

中に押し込まれた状態になっていて、戻ってきません。

IMG_20170917_123512

電源スイッチの部分を分解してみる。

これはスイッチが壊れたのかなと思って、まずはネジを外して分解してみました。

中を見てみるとやはり案の定スイッチのケースが壊れていて、

中のスプリングなどがその辺に外れているような状態でした。

本体を逆さにして振ってみると外れた部品が出てきました。

部品がどこか折れたり壊れた様子もないので、

出てきた中身をうまく組み合わせれば元に戻せると思って

あれこれやってみたのですがなかなかうまく行きません。

スポンサードリンク

そこではたと思いついたのですが、

スイッチの型番をネットで調べれば設計図か何か見つかるかもと思いました。

ビンゴでした。中国製のスイッチの図面が出てきて、

部品をどこにどうはめればいいのかやっと分かりました。

しかし、よし、これで修理出来るぞと思ったのもつかの間、

スプリングをスイッチの中に押し込もうとしていると、

スプリングがどこかにはねて行ってなくなってしまいました。。。

散々あちこちを探したのですがどこに行ったのか全く見つかりません。

まいったなーと思ったのですが、まあ仕方がありません。

IMG_20170917_122012

工具箱に何かないかと思ってあさってみると、

ちょうど入りそうなスプリングが見つかりました。

よしこれで行けるかなと思ってそのスプリングを取り付け、

スイッチのふたを瞬間接着剤でくっつけ、

スイッチを取り付けて、これで修理完了かと思いました。

ところがボタンを押しても電源が入りません。

よくよく見てみると、

使ったスプリングが堅すぎて、スイッチの中の接点が接触していません。

ああ、これはもう万事休す。

もう修理はできないから新しいものに替えるしかないなと思いました。

別のスイッチと入れ替える作戦。

スポンサードリンク

しかしちょっと隣を見てみると、

電源スイッチの隣に首振り用のスイッチが付いていました。

見ると電源スイッチと全く同じものです。

首振りを諦めるなら、これを電源用のスイッチと取り替えてしまえばいいじゃないかとひらめきました。

そこでそのスイッチを取り外し、電源スイッチと交換しました。

すると今度はやっとうまく行きました。

直ったよ!

首振り機能は無くなりましたが、

母親は普段から使っていない機能だったので、直って満足してました。

最初にスプリングとスイッチをちゃんとした場所に戻すことが出来れば、

多分15分もあれば直っていたと思いますが、

どうすれば直るのか調べるのに時間がかかった上に、

失敗して別のスイッチを外して付け直すという

かなりの大仕事に発展してしまいました。

一応使えるようになりましたが、3時間はかかってしまいました。

そんな感じです。

みなかぶでした。

ではでは。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました