ウォーターポンプが壊れました。

ド素人の車いじり

車種はスズキのキャリーDB52Tです。

エンジンルームからシャラシャラとかキュルキュルとか音が鳴り出し、

だんだんガラガラ音になってきました。

そのときの動画があります。


スポンサードリンク

この動画を撮った翌日。

仕事帰りで夜8時頃の土砂降りの中。

信号待ちから青信号になってアクセルを踏んだ瞬間、キューーーーとベルトが滑る音が鳴りエンジンが止まりました。

そのまま保険屋さんに電話してレッカー移動。次の日に修理工場へ持ち込みです。

故障の原因はウォーターポンプのロックでした。

タイミングベルト交換してから2年4ヶ月。その時にウォーターポンプも同時に交換しています。

ネットでタイミングベルトセットを購入し、近くの車屋さんに持ち込んで交換してもらっています。

修理を担当してくれた車屋さんが言うには、

通常ウォーターポンプは8年持ちますとのこと。

ウォーターポンプは社外品でした。GMBと言う国産メーカーで型番がGWS-25A。

冷却水が劣化して茶色くなったりしているとウォーターポンプのベアリングが破損する例があるようですが、

タイミングベルト交換時に当然ながらクーラントも交換しています。

2か月前に車検があったのですが、そのときクーラント量をチェックしたところ減っていましたので

補充しています。しかし茶色に変色などはしていませんでした。


私はウォーターポンプのメカニカルシールに不具合があったんじゃないのか??と言う疑問が出てきます。。

写真を載せておきます。


スポンサードリンク


これがロックしたウオーターポンプ

IMG_4558

完全にロックしています。隙間からベアリングの部品らしきものが見えます。

IMG_4559

ウォーターポンプが漏れた跡あり。

IMG_4560

IMG_4561

軸がずれてる様子はありません。

IMG_4562

IMG_4563

IMG_4564

羽も全く回りません。

IMG_4565

羽の破損は無いようです。

IMG_4566

16C04と刻印あり

IMG_4567

IMG_4569

IMG_4570


15万キロの軽トラなので、

オルタネータのベアリングがそろそろ駄目かもなんて私は思ってたのですが、

まさかのウォーターポンプだったとは。。


ハズレを引いてしまったのかもしれません。

無念です。

ちなみに修理費は5.5万円。ウォーターポンプ、オルタネータ、ファンベルト交換でした。

以上、みなかぶでした。


スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました