カブログ☆速報

家電いじり、庭いじり、DIY、育男、そして株式市場の観察

*

1万円台でコスパ高! おすすめWinタブレットランキング ベスト5!!

  更新  

1万円台で買える格安Windowsタブレットの中からスペックの高いもの・口コミが良いもの・自分的に良さげなものをまとめてみました。

「WDP-71」「W1-810-F11N」「ギーク S1」「x80 power」「V820W」「MOMO8W」

スポンサードリンク

1 gangee WDP-71

2015年発売の7インチタブレット。メモリが1Gしかありませんが、atomが意外と優秀で仮想メモリを確保しておけばちゃんと動く。初期不良も少ない。ストレージの空きが少ないけどmicrosdスロットがあるから問題なし。値段がお安くても意外と優秀なところが好評価。安くて安定してて万人におすすめ。 (追記)セールでさらに安くなってます。コスパ高し。

価格帯 セール品7,000円で売ってます。(2017/2/25時点)

◎メリット
最強コスパ

7インチサイズでWindowsがちゃんと動くのは感動もの
液晶 1280×800 IPS方式の高精細ディスプレイ
ベルトレイルAtomは思った以上に処理速度が速い
kingsoft オフィス付き
前面と背面に200万画素カメラを搭載
艦これが問題なく動く

×デメリット
背面の質感がつるつるで滑りやすい
バッテリー使用時間 3~4時間
メモリ1G

2 acer Iconia Tab 8 W1-810-F11N

こちらはエイサーのタブレット。これも良いと思う。メーカーはちゃんとしているし、カラーがホワイトでスタイリッシュ。バッテリーが持つのも良いですね。

価格帯 20,000円【2015年モデル】(2017/2/25時点)

◎メリット
8インチ液晶 1280×800 IPS方式の高精細ディスプレイ
デザインがシンプルで好感がもてる(ホワイト)
ウェブの閲覧はサクサク快適

×デメリット
ちとお高めか

初期不良のケースあり
バッテリー使用時間 5~6時間
無線LANで、一般公開しているアクセスポイントが表示されないケースがある
メモリ1G

3 ギーク S1  &  x80 power

国内代理店が1年保証をしてくれる格安Winタブレット、出ました。Windowsとアンドロイドがどちらも使えるデュアルOS仕様。動きはサクサクで評判も良さげでお値段は1万円台。これもWINタブデビュー機としておすすめできます。

ギーク S1 デュアルOS 8インチ タブレット(windows10/android5.1/2GB/32GB/intel Z3735F) 1280×800解像度 OTGアタブター【日本正規品】メーカー1年保証

価格帯 12,000円前後(2017/2/25時点)
カラー ホワイト

正規代理店品 Teclast X80 Power Windows 10 + Android 5.1 8インチ 1920 x 1200 Intel Z8300 2GB 32GB メタルボディ タブレット PC (ゴールド)

価格帯 13,000円前後(2017/2/25時点)
こちらは高解像度でゴールドカラー。千円しか違わないからこっちが良いかも。

◎メリット
1年間の国内サポート&保証付き
WindowsとアンドロイドのデュアルOS
高性能でコスパ高し

×デメリット
OSが不安定なのがたまにきず。トラブルも楽しむ覚悟で買いましょう。^皿^

スポンサードリンク

4 ONDA V820w

ONDA V820w CH 最新CPU Cherry Trail搭載Windows10 2GB 32GB 8インチタブレット

中華タブレットは値段の割りにスペックが優秀なところが特徴。ただし、初期不良が多くマニュアルやサポートが期待できない。このONDA製のV820Wもそんな機種。自分でなんとかできる自信がある方、トラブルを楽しみたい方にはおすすめしたい。初心者だけどスキルアップしたい!って人にもおすすめしますよ。何かと面白いことがおきます。(追記)アンドロイドも起動できるdualOS仕様になりました。容量も32Gにアップしてる。お値段据え置きでパワーアップしています。

価格帯 13,000円(2017/2/25時点)

◎メリット
OFFICE365付き(1年)
メモリ2G
8インチ液晶 1280×800 IPS方式の高精細ディスプレイ

×デメリット
中華製(日本語化はされています)
フロントカメラは30万画素(背面は200万画素)

5 ployer MOMO8W

Ployer momo8w DualOS(windows10/android5.1) ストレージ32G メモリー 2GB [並行輸入品]
 
ployer製のMOMOシリーズ。android版からありますね。こちらも中華タブレットの本領を発揮しております。初期不良にあたるかどうかは運次第。説明書は簡易日本語マニュアルしか付いてない。でもmomoシリーズに挑戦しているユーザーは多く、ググれば何かしら情報は見つかります。チャレンジ精神旺盛な方におすすめ。(追記)momoもdualOS仕様になりました。

価格帯 13,000円前後(2017/2/25時点)

◎メリット
OFFICE365付き(1年)
メモリ2G
8インチ液晶 1280×800 IPS方式の高精細ディスプレイ

×デメリット
中華製(日本語化はされています)
厚さ9.6mm。最近にしてはちょい厚め
重量400g。ちょい重め
フロントカメラは30万画素(背面は200万画素)

MOMOシリーズは一回りコンパクトな7インチ版もあります。送料込み9,000円。

Ployer MOMO7W

価格帯 9,000円前後(2017/2/25時点) 送料込み

◎メリット
最安値
入門機としてはアリ

×デメリット
7インチ低解像度(1280×600)
中華製(日本語化はしてあります)
説明書が簡易なものしか付いていないので、自分であれこれ考えながらやりたい人向き

最後にブルートゥース式のキーボードでおすすめはコレ

タブレットと一緒に買うんならANKER製のキーボードをおすすめしたい。スリムでコンパクトでスタイリッシュ。カラーはホワイトとブラックから選べます。お値段は2,000円程で買えてコスパ高し。保証が18ヶ月あるので安心です。おすすめ。

価格帯 2,000円前後(2017/2/25時点) 送料込み

米アマゾンから格安WINタブレットを購入可能。クレカ必須。

知る人ぞ知る情報?海外では東芝が激安タブレットを売っていたりしますが日本から買う手段がありませんでした。実は米アマゾンでHP製のタブレットを売ってます。日本からも買えます。送料込み12000円前後。天下のHP製だから中華タブよりは全然品質は良いと思われます。買い方は日本のアマゾンとほぼ一緒。英語がわからなければ翻訳しながら進めばOK。(追記)日本は発送対象外になりました。残念。

HP Stream 7

HP Stream 7 Tablet 32 GB Windows 8.1 Signature Edition
HP

価格帯 84ドル前後(日本円で送料込み12,000円前後)(2015/7/5時点)

◎メリット
高品質・高耐久が期待できるHP製
コスパ一番かも
OFFICE365付き(1年)。70ドル相当。

×デメリット
注文してから到着まで8日~16日程度かかります。6ドル(720円前後)追加で支払えば2~3日で届きます。
初期不良時は米国へ発送する必要あり。米アマゾンがしっかり対応してくれますので安心してよい。返送時の送料もあとで返金してくれます。
英語版で届くので、自分で日本語化する必要あり。

ふるさと納税でWINタブレットを実質2千円で買える

競争率がかなり高いんですが、

マウスコンピュータ WN801V2-BK
ふるさと納税ってご存知ですか。長野県飯山市のふるさと納税のお礼品としてWindowsタブレットがもらえます。寄付金控除が4万円以上ある方(年収が400万くらいあればいけると思う)であれば2,000円でゲットできます。ただし、もの凄い競争率!2016年は10分で完売してしまいました。

ふるさとチョイス 長野県飯山市

(追記)

winタブではないんだけどお得情報。長野県安曇野市に30万円を寄付するとvaioがもらえるそうです。

 

そんなところでございます。

みなかぶでした。

ではでは。

スポンサードリンク

 - Windowsタブレット , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  こちらの記事も良く読まれています

コスパが素晴らしいおすすめ無線キーボードランキング ベスト5!!

Windowsタブレットと組み合わせるなら、無線式のミニキーボードが便利。お手ご>>Read More


当ブログの人気エントリ一覧。おすすめです