カブログ☆速報

家電いじり、庭いじり、DIY、育男、そして株式市場の観察

*

寒い部屋は断熱対策で良くなるよまとめ。おススメアイテムベスト5。

  更新  

とても寒かった我が家の断熱対策を徹底してみたら、かなりの改善効果があったのでまとめてみました。

スポンサードリンク

1.アマゾン売れ筋のおススメ断熱アイテム

①サーキュレーター

ボルネードが最強です。他のは買っちゃダメ。年中使えて最強の省エネアイテムです。天井と床の空気の温度差をなくす効果。

価格帯 7,700円前後(2018/3/18時点)

②加湿器

空気を加湿すると暖かく感じます。サーキュレーターと組み合わせれば相乗効果。

価格帯 16,000円前後(2018/3/18時点)

③断熱のれん

暖房ロスを減らす効果。子供のドアの開けっ放しが多い家庭では効果絶大。冷房も良く効くようになります。

価格帯 2,600円前後(2018/3/18時点)

④断熱カーテンライナー

窓の冷気対策もとても効果あります。

価格帯 2,000円前後(2018/3/18時点)

⑤モヘアテープ

窓やドアの隙間から入ってくる冷気をシャットアウト。これも効きます。

槌屋 ジャンボ すき間モヘアシール ブロンズ 幅9X高さ20mmX長さ2m No.90200

価格帯 1,400円前後(2018/3/18時点)

そんな感じです。

どれもおススメします。

2.屋根裏の断熱をしてみた。

時期は12月年末。

我が家のリビングは灯油ファンヒーターをがんがん効かしても、

とにかく寒かったんです。

温度設定を22度にしているのに室内は18度。

灯油はあっという間になくなります。

お金もかかります。

こりゃぁ、どがんがせんといかん。

と思っておったのです。

 

そんで、年末にようやっと休みが取れたものですから

家族も出かけていたし時間があったので

断熱対策をやってやろうかと思った訳です。

 

まずは天井裏に登ってみました。

築30年の家をリフォームして住み始めて3年目。

天井裏にはハクビシン対策で何度か登ったことがあります。

天井裏に登ると、綿が入った袋が大量に敷き詰めてありますが、

これが断熱材です。

で、ちょうどリビングの上の天井をチェックしたところ、

畳2畳分くらいの幅で断熱材が入っていない箇所を発見。

これが寒い原因ではないか?!

てか、これはいつから?!

・・・

ということで、対策しました。

断熱材をホームセンターで買おうかと思いましたが

ホームセンターに売ってるのって薄っぺらいんですよね。

ネットで調べたところ、10cmの厚さのある断熱材でないと

やる意味がないとのことでした。

で、ホームセンターのは却下。

もう一度天井裏に登って考えました。

クローゼットの上とか、別に断熱材いらなくね?

と思ったので、配置換え。

クローゼット上の断熱材をリビング上に移動してみました。

 

そしたら、

温度が2度あがった。

天井の断熱って、大事です。

2.床下断熱をチェック。

天井裏の断熱材を再配置しただけで

結構な効果があったもので、

気を良くして、今度は床下に潜ってみました。

そしたら、

綿状の古い断熱材が床下から剥がれて地面に落ちまくってました。

ダメじゃん。

幸いなことにリビング下は吹き付けの断熱をしてあったので問題なし。

剥がれているところは廊下の方でした。

これは後回しでok。

それともう一つ気になることが。

キッチンはリフォームしていて

キッチン下の断熱はスタイロフォームみたいなのが敷き詰めてありましたが、

触ってみるとスカスカというか、下から押し上げると動くんだよね。

これって床材とスタイロフォームの間に隙間が空いてる。

・・・大工さんは断熱の知識が薄いらしいのですが、ホントですね。

まぁ、これも後で対策しましょ。

それともうひとつ。

おそらくスタイロフォームを張り終わったあとに

キッチンを取り付けて、配管を通したんだと思われますが、

配管部分のスタイロフォームが超適当にカットされてて隙間が空きまくってるし、断熱材が落ちかかってる。

・・・水道屋にも問題ありました。施工から3年経ってるので今更ですが。。

これも後で対策します。

とりあえず床下はこんなところで。

3.あらゆるすきまを埋めた。

リビングの隣にキッチンがあるんですが、

どーもキッチン側から寒い風が入ってくる気がしました。

そんで、キッチンの壁をくまなくチェックしたところ

壁と棚の隙間からすき間風が入ってきていることを発見。

よし。

すき間を埋めてやろうってことで。

ホームセンターでコーティング剤とガンを調達。

すき間を埋めました。

IMG_9171

IMG_9172

キレイになったし、冷たい風も入ってこなくなって

一石二鳥です。

 

それともう一つ。

リビングの一角に和室があるんですけど、

その和室の角に自分のデスクを置いてるんですね。

そんで、足元がなんかやたら寒いなーって

ずーっと思ってて。

もしやと思い、畳を剥がしてみたところ、

畳の周りに1cm幅の隙間を発見!

その隙間は床下と繋がっていて、冷たい風がもろに入ってきてました。

こんなん、寒いに決まってる!

てことで、スタイロフォームを買ってきて

すき間に詰めてやりました。

これで和室周りが大分暖かくなりましたよ。

スポンサードリンク

5.加湿器を購入!

やたらと寒く感じるときってのは

たいがい空気が乾燥している時。

我が家では加湿器を導入しました。

ついでにプラズマクラスター搭載でインフル対策にもなります。

これを使いだしてから体感温度があがったと思います。

それよりも子供の咳が減った。

のどの潤いって大事ですね。

6.サーキュレーターを購入!とても良いよボルネード。

そんで、

前々からずーっと気になっていたアイテムを遂に購入しました!

空気循環器ボルネード

IMG_9175

これ、ホントに買ってよかった。

これ動かし始めて、ファンヒーターの温度設定より室温が2度高くなることが多くなった。

効果絶大です。

サーキュレーターって、なんなのかというと、

扇風機とはまったく別ものです。似てるけど。

空気をかき混ぜて天井と床の温度差をなくしてくれます。

で、いろいろなメーカーから安いのだと2000円くらいで売ってるけど、

安いのは全然効果なし!ダメ!買っちゃダメ!安物買いのなんとやら!

サーキュレーターはボルネード一択だと思うよ。

ちと高いが、自分は買って良かったと思う。

1日ほぼフル稼働させてますが、電気代はそれほど上がってません。

月400円いくかいかないかくらいだと思います。

おススメします。ボルネード。

7.断熱のれんが効く。

IMG_9174

我が家は2人の小さな子供がいます。

まぁ元気で家の中をバタバタ走りまわるんですが、

ドアを開けっぱなしにしてくれるんです。

寒いやろっ!って言っても効きません。

しょうがないので、何か対策をと思って調べたところ

断熱のれんというものを発見。

さっそく購入して設置してみたところ、

これがヒット。

これならドアを開けっぱなしにしても暖気が逃げない。

いちいちドアの開け閉めしなくて良くて楽だし、

これも買って良かったです。

高いものではないし、これもおススメします。

8.窓の冷気をスタイロフォームでシャットアウト

IMG_9173

ついでに寝室の冷気対策もしてみました。

寝室にはでっかい窓があるせいか、これまたなかなかの寒さです。

ファンヒーターをガンガン効かしつつ、電気毛布を使って寝てますが

ここも断熱対策すればいいんでないかと。

和室なので、ここも畳を剥がすと隙間がありました。

すき間はすべてスタイロフォームで埋めました。

なおかつ、窓の下半分をスタイロフォームをはめ込んでみました。

結果、ファンヒーターの温度設定を2度下げることに成功。

うまくいきました。

 

そんな感じです。

ここまでやった我が家の効果。

断熱対策をやる前の冬(12~2月)の暖房費(灯油代)はなんと月10万円でした。

対策したあとは月6万円台まで下がりました。

いやいやいや、やって良かったね。

 

そんな感じです。

みなかぶでした。

ではでは!

スポンサードリンク

 - 生活 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  こちらの記事も良く読まれています

クローゼットのカビ対策は除湿器が効く!これで完璧!

うちのクローゼットにしまってあった嫁の高級バッグやら俺のスーツやらが カビだらけ>>Read More

手触り最強で高品質のおすすめベッドカバーをまとめてみたよ。

ベッドカバーは安いのから高いのまでピンキリ。10日悩みぬいて選んだ商品をまとめて>>Read More

デニムの端布を無骨感漂うソファーカバー&クッションカバーにリメイク!

とてもステキなリメイク。引用先:デニムソファ/デニム生地/ハンドメイド/パッチワ>>Read More

シンクの排水が詰まって台所が水浸しに!詰まり予防まとめ

現在、建ててから約3年経過した一戸建てに住んでいます。 これまで水回りのトラブル>>Read More

我が家の定番お部屋ニオイ対策ベスト3をまとめてみた

色々試してたどり着いた、我が家のニオイ対策ベスト3の最安値とおすすめポイントをま>>Read More


当ブログの人気エントリ一覧。おすすめです