とっても使える!!使わなくなったりんご箱でDIYに挑戦

DIY

親戚にりんご農家の方がいるので、毎年箱ごと頂きます。

この箱、木箱でしっかりしているのでとても重宝するんですよ。

実家では物置で雑貨の仕入れをするのに使ったりしていました。

最近ではりんご箱を使ったDIYも人気とのことで、

たくさん余っているので新居用にDIYに挑戦してみました。

スポンサードリンク

まず、りんご木箱はこのままでもインテリアに使えます。

立てて使えば本棚として使ったり、

上にもぬいぐるみなんかを飾ることが出来ますので。

私の新居には、キッチンにちょっとしたくぼみがあるのですが、

そこが木箱のサイズにピッタリ。

ということで、木箱を改造して炊飯器を置く場所にすることに。

炊飯器自体は上に乗せるだけなので、

収納部分を米びつにすることにしました。

PPG_hakodenegaeriwoutuneko-thumb-autox1600-13380

米びつもホームセンターで売っているのでそれを使うだけでとても簡単。

後は棚を作るだけです。これだけはちょっと手間取りました。

結果、一番下には米びつ。その上には狭いですが棚があり、

押麦やもち麦、備長炭などを置くスペースにしました。

そして一番上は炊飯器を置くスペースに。

そして忘れてはいけないのがキャスターです。

というのも、サイズ自体はぴったりなのですが

炊飯器のコードがコンセントまで届かないんですよね。

ちょっとのために延長コードを使うのも嫌なので、

キャスターで動かせるようにしています。

これがすごく便利ですよ。

スポンサードリンク

そして、本棚も作りました。

これは木箱を横にして、上に重ねていくだけ。

本当はしっかり接着するのですが、

本の数は増えたり減ったりしますよね。

そのため、あえて接着しないで積み上げただけにしました。

地震があった時も、大きな本棚が一気に落ちてくるのと

小さな本棚がいくつか落ちてくるのでは被害も違いますしね。

そのかわりといってはなんですが、リメイクシートを貼りました。

リビングは来客も多いので木目調でシンプルな感じ。

仕事部屋は綺麗に拭いてニスを塗っただけで。

そして、二人の寝室はレンガのリメイクシートでちょっとカントリーな雰囲気に。

gatag-00003765

全面に貼るのではなく、

白っぽいリメイクシートと合わせて壁紙のような雰囲気にしました。

本当にこれだけですごく簡単なのですが部屋の印象も変わります。

りんご木箱はそのままでも可愛いですからね。

今度はソファに挑戦してみたいなと考えています。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました